オフィス

乗っ取られ防止!ISO22000で情報資産を死守する

乗っ取りを防ぐ対策

IT

最近ではどの企業でも、パソコンやネットを利用して仕事をしています。稟議書や出張の申請もペーパレス化が進んでおり、ワークフローシステムなどで電子システム化を進めている企業が増えています。ネットを使うことで簡単にどこにいる人とも情報を共有することが可能となっています。多くの企業が大切な情報をパソコン上に所持しているので、ウイルス対策ソフトを使ったり、定期的にデータの整理を行なったりすることで情報を守ることができています。特に、WAFと呼ばれるwebアプリケーションファイアーウォールを用いる企業が増えてきました。この、WAFはアプリケーションレイヤーの通信を分析するものとなっているので、外敵からの攻撃からデータを守ることができます。もし、このwebアプリケーションが脅威に晒されてしまうと、データベースを乗っ取られてしまうことがあります。データベースが乗っ取られるとアプリケーションから情報漏洩をしてしまうので、注意が必要となります。

ネットを使う企業は多いので、外部からのハッキングを防ぐために対策をすることは重要になります。特に、OSコマンドインジェクションは厄介で、OSコマンドを操作されることで、サーバーが乗っ取られてしまいます。他にも、ディレクトリラバーサルというものがあります。ユーザーの入力した情報を盗む方法で、この手法を使われてしまうと自分で設定したパスワードが無意味となり、大切な情報が抜き取られてしまいます。このように、色々なハッキング方法があるので、企業は日頃から気をつける必要があります。そのため、WAFを使ってパソコンの情報を守る企業が増えてきているのです。

WAFを使って会社内にあるパソコンに保管されている情報を守るのは有効な手段です。堅牢なセキュリティシステムを有しているのは確かといえるので、高い確率で情報資産を守りやすくなります。それに、WAFを導入しておけば、ISO22000みたいなISO関連資格取得しやすくなるのは確かです。組織の質感を高めたいと思ったときに、ISO22000関連資格取得は最適な手段なので、WAFは大いに役立てやすいです。

一つのシステムで全て守る

PC

パソコンには脆弱性検査というものがあり、webアプリケーションに脆弱性があるのか確認することが出来ます。そのため、WEFを取り入れて脆弱性を狙うハッカーからデータを守る企業が増えてきました。

もっと読む

自動スキャナで便利

メンズ

WAFはSQLアプリケーションが攻撃される前に不正でくれるシステムで、多くの企業が取り入れています。また、自動スキャナを行なってくれるので、自分でスキャンをする手間がありません。

もっと読む

進化したWAF

男の人

ここ数年でインターネットの発達は目まぐるしく実感できるようになっています。それに対応すべく企業のホームページも常に新しいものを導入するようになっているので、WAFでセキュリティを強化する必要があります。

もっと読む